サービス一覧

スクウェイブのサービスの特徴 ― ITの有効性と効率性の追求

IT可視化・ベンチマーク / システム開発・保守・IT戦略・コスト削減 

SLR®シリーズ(下記)のフレームワークを使って、クライアント自身がオンラインで自由に分析・評価を行うことが可能です(24時間対応)。 

ITのサービスプロセス(開発、保守、運用など)およびITのマネジメント領域(生産性や業務品質、情報セキュリティ、管理・統制状況など)を分類/他社比較し、領域ごとに可視化します。 ※クラウド環境のコストも比較可能

IT支出を単なる新規投資と維持費に分類するのではなく、戦略的IT支出(Strategic Spending)と現在のビジネスを支える必須IT支出(Mandatory Spending)に分類した上で、IT支出が企業イノベーション実現に貢献するために適切なバランスとなっているかどうかを他社比較することで可視化します。

「EVOA - Evaluation of Operation Automation」

「情報システム運用業務の自動化状況の評価」は、企業情報システムの運用業務における、業務システム化ならびに自動化の状況について、複数の企業について調査・情報収集を実施し、比較・分析ならびに評価を行い、情報システム運用業務の生産性向上に資する情報提供をします。

情報システム子会社を含むITサービス提供企業(SIer)の経営状況、実行能力、人材の状況を可視化し、最近のトピックスである働き方改革への取り組みを含め、参加企業各社の状況を相対的に比較することで、その中における各社のポジションを示し、スクウェイブの知見に基づいて今後の方向性を示します。

ERPコストおよび担当エンジニアのスキルレベルを保守と運用のフェーズにおいて、それぞれ他社と比較することで可視化します。

セキュリティ対策

CSIM®(CS Innovation Management):
先進的なCS改善手法により、ITのCS調査の実行を支援します。

CCSA(Comprehensive CS Analysis):
真に実効性のある改善を促すCS調査を支援します。

ビジネス戦略策定支援:
自社の持つべきコア・コンピタンスが明確になります。

SSI(Shared Service Innovation):
コストパフォーマンスの面で説得力のあるシェアードサービス企業の実現を支援します。

SCSP(Strategic Cost Saving Program):
ITコスト削減方法の検討を支援します。

OSVM(IT Operation Service Value Management):
ユーザーにIT運用サービスの価値を理解されていますか?

本サービスでは、IT運用サービスの「可視化」の実現を支援します。

DSLM®(Dynamic Service Level Management):
日々進化するITをベースとした業務のパフォーマンスを可視化し、経営トップの指標に連結する
動的なSLA/Mの構築を支援します。

SCM2 R/2(Strategic Clinic for Motivation Management):
従業員の「仕事のやる気」を可視化した上で、戦略的なモチベーション・マネジメントを実現するサービスです。モチベーション向上は情報漏えい対策にとっても極めて重要です。

NAM3®(Novel Approach to Motivation Management for Managers):
上司と部下の合意状態が可視化され、各状態に応じた施策を立案できます。また、状況に応じて駆使すべき適切なマジック・ワード集ができあがります。

CPNL(Creativity Program for Next Leaders):
トップリーダーのノウハウを形式化することで、次代のリーダーを目指すマネージャーが学ぶ意義を実感できる、真に有効なマネジメントスタイルを身に着けるための教育プログラムです。

MSIS/T(Mind Set for Information Security with Targeted Mail Attack Training):
情報セキュリティに対する社員1人1人の本音部分の意識レベルを可視化し、対策の指針を提供します。

PCIL(Practical Case of Information Leakage):
情報セキュリティリスク事例を基にした独自の評価フレームにより、日常業務の実態を正しく評価し、潜在リスクをあぶり出すことで、具体的な改善策や対策の指針を提供します。

QPSD(Quantitative Validation for Quoted Price of System Development):
相見積もりが取りにくいシステム開発案件について、スクウェイブが保有するデータを用いて見積もり価格の妥当性を評価します。

BPSP(Best Provider Selection Process):
適切なRFI/RFP作成代行と戦略的コンペの実施を支援します。

RESO(Realistic Evaluation for Strategic Outsourcing):
次の契約更新に向け、現在のアウトソーシングについて内容を現実的に評価し、問題を特定して改善を支援します。

GITG®(Global IT Governance):
企業グループとしての統合力と独立した組織の自立性を最大限有効に機能させることを目的としたITガバナンスの構築を支援します。

ICM&A®(IT Consolidation at M&A):
M&A時の理想的なIT統合化計画の策定を支援します。

ITMP®(IT Mid-range Plan):
経営や現場がぜひ進めてほしいと思うIT中期計画の実現を支援します。

​教育・モチベーション / 人材育成・人材開発

​調査・その他

​個別戦略支援 / ITガバナンス

BSW (Business Strategy Workshop )

IS子会社で外販を指向する企業、または新たにITビジネスの展開を計画している企業に対して、ビジネス戦略の立案を支援します。

RAIS(Risk Assessment on Information Security):
情報セキュリティのリスクアセスメントの実施を支援します。

ITコスト総額から更にブレイクしたシステム単位の評価も必要ではありませんか?

SLR-AP/a.weekは、貴社の各システム維持に係るアプリケーション保守・運用コストの効率性とそのコスト構成を可視化します。

(C) 2003-2021 Ksquwave Inc. All rights reserved.