SLR-View 2.1

貴社のIT支出(IT Spending)は、企業イノベーションを促進していますか?

SLR-View 2.1 は、貴社の「IT支出」「IT部門の役割」の現状をか全体感を可視化します。

SLR-View 2.1 のコンセプト

SLR View2.1 導入のメリット

  • IT支出範囲の定義を明確にし、Apple to Appleの精度の高い比較評価を実現します。したがって、一般的なマス調査と異なり、複合機やスマホ等の企業によってITとしての扱いが異なる費用が曖昧になりません。

  • 戦略的IT支出と必須IT支出の割合を他社比較することで、IT支出が単なるコストではなくて、企業の進化を促進するイノベーション・ドライバーとなっている割合を可視化できます。

  • 戦略的IT支出は、他社のAI/IoT等の適用領域や方向性と自社の乖離を把握した上で、改善の方向性を検討するヒントを得ることができます。

  • 必須IT支出は、コスト要素を分析した上で、コスト削減のポイントが明らかになります。

    ※SLR-Viewは、 COBIT 5 (ISACA)等のコンセプトを採り入れ、Computer Economics社等のグローバル・データを活用するスクウェイブ独自の体系となっています。

SLR-View 2.1 進め方/スケジュール

  • SLR-Viewは、下記の流れでサービスを提供します。実際の期間につきましては、対象範囲等を考慮し、柔軟に対応します。
    ※ キックオフから最終報告まで、概ね2カ月~3か月の期間となります。

価格

​【標準価格】350万円

*消費税は別途申し受けます。

*調査実施先が東京近郊以外の場合、交通費・宿泊費を別途ご負担いただきます(実費精算)。

成果物イメージ

(C) 2003-2021 Ksquwave Inc. All rights reserved.