SLR-AP.erp 

ERPコストはとにかく高いと感じていませんか?
SLR-AP.erpは、貴社のERP保守・運用コストとスキル・レベルを可視化します。

SLR-AP.erp サービス概要

ERPコストはとにかく高いと感じていませんか?
SLR-AP.erpは、貴社のERP保守・運用コストとスキル・レベルを可視化します。

企業の基幹システムを支えるソフトウエアとして、SAP社の商品を筆頭にERPパッケージの利用が日本において大企業中心に浸透しています。その浸透と反比例する形で、ERPパッケージソフトウエアの保守・運用におけるコストの高さに対するユーザー企業の満足度は低下しています。

SLR-AP.erpでは、ERPコストおよび担当エンジニアのスキルレベルを保守と運用のフェーズにおいて、それぞれ他社と比較することで可視化します。他社に比べて高いのか、あるいは、スキルレベルが劣っているのか、具体的な指標で評価することにより、実効性の高い改善計画の立案に繋げることができます。

002015_09_edited.jpg

SLR-AP.erpの特徴

  • 保守は「FI」等のモジュール単位で、運用はシステム単位に他社とコストを比較します。

  • 規模を正規化した指標(アクティブユーザーあたりのコスト等)を用いて、より有意な比較分析を実現します。

  • コストだけでなく、担当エンジニアのスキルレベルを併せて比較分析して可視化することで、スキルレベルに見合ったコスト評価を実現します。

SLR-AP.erpView進め方/スケジュール

SLR-AP.erpは、下記の流れでサービスを提供します。実際の期間につきましては、対象範囲等を考慮し、柔軟に対応します。

002015_10.jpg

<データ記入>
1. 保守記入シート

【コスト/品質/サービスレベル】
(モジュール単位-FI、CO、HRなど)     
◆モジュール毎に1シート記入

2. 運用記入シート
【コスト/品質/サービスレベル】
(システム単位)
◆システム毎に1シート記入

3. 保守・運用スキル診断
(モジュール単位-FI、CO、HRなど)
◆対象人数分シート記入

4. インフラ運用スキル診断
(NetWeaver PI、EPなどを対象)
◆対象人数分シート記入

<インタビュー>
1. 保守インタビュー
記入データの確認、保守状況ヒアリング
◆時間:モジュールごと1時間程度

2. 運用インタビュー
記入データの確認、運用状況ヒアリング
◆時間:システム単位1時間程度

3. 保守・運用スキルインタビュー
記入データの確認、スキルレベル・ヒアリング
◆モジュール担当者ごと30分~1時間程度

 

4. インフラ運用スキルインタビュー
記入データの確認、スキルレベル・ヒアリング
◆インフラ担当者ごと30分~1時間程度

価格/お申込方法

​成果物イメージ

【標準価格】650万円
  SAPスキル診断は20名まで対応(1名追加ごとに5万円申し受けます。)

*消費税は別途申し受けます。

*調査実施先が東京近郊以外の場合、交通費・宿泊費を別途ご負担いただきます(実費精算)。