教育ブックBookshelfs

コア・コンピタンス経営推進のためのアウトソーシング評価

現在のアウトソーシング契約を更新するか否か明確な指針をお持ちですか?

RESOサービスでは、次の契約更新に向けた事前調査を支援いたします。

アウトソーシング現実評価サービス -

「RESO (Realistic Evaluation for Strategic Outsourcing)」

RESOのコンセプト

RESOサービスでは、次の契約更改に向け、現在のアウトソーシングについて内容を現実的に評価し、問題を特定して改善を支援します。スクウェイブが保有する定量的なデータおよび知見を元に、一般動向を踏まえた上で、契約内容を見直すことを含め現プロバイダーとの契約を改善しつつ継続すべきか、あるいはプロバイダーを変更すべきか、今後のアウトソーシングに関する指針を示します。

001023_1.jpg

RESOの特徴と導入のメリット

  • 現在のアウトソーシング契約の問題点などを含めた実態が客観的に可視化されます。

  • 改善しながらアウトソーシング契約を継続すべきか、あるいは新たな選択肢(切替や一部社内への回帰)を模索すべきか、その判断の指針を得ることができます。

  • 仮に契約を継続するにしても、価格交渉などを行う上で参考とすべき資料(自社の実態と他社一般動向)の元情報が準備できます。

RESOサービスの流れ

  • RESOサービスは、下記の流れでサービスを提供します。

001023_2.jpg

価格

  • 標準価格:個別見積もり
     ※
    調査実施先が東京近郊以外の場合、交通費・宿泊費を別途ご負担いただきます(実費精算)。

成果物イメージ

  • RESOにおける成果物イメージです。

001023_3.jpg