教育ブックBookshelfs

システム開発案件における見積り価格の妥当性を評価いたします

システム開発案件の発注価格は妥当ですか?

QPSD(Quantitative Validation Process for Quoted Price of System Development)は、相見積もりが取りにくい状況における見積もり価格妥当性評価サービスです。

見積もり価格妥当性評価サービス - 「QPSD」

QPSDのコンセプト

見積もり価格妥当性評価サービスは、FP法(ファンクションポイント法)を用いてシステム開発案件の規模を算出し、SLR参加企業の数百件以上の案件から類似データを抽出して、見積もり価格の妥当性を評価します。

001018_1.jpg

QPSDの特徴と導入のメリット

  • FP法(ファンクションポイント法)を用いて、納得性のある価格妥当性を検証できます。

  • SLRのデータを用いて、客観性の高い見積もり価格を知ることができます。

  • SEの単価を知ることができます。

  • パラメータ算出の際に、発注業務プロセスの妥当性も知ることができます。

  • ベンダー企業でもユーザー企業でもない、第三者のコンサルティング会社が評価するため、一方に偏らない純粋な評価を得ることができます。

QPSDサービスの流れ

  • QPSDサービスは、下記の流れでサービスを提供します。

001018_2.jpg

価格

  • 標準価格:100万円+見積もり金額の1%~(税別)
    ※システム開発の見積もり金額が1億円の場合、200万円になります。
    調査実施先が東京近郊以外の場合、交通費・宿泊費を別途ご負担いただきます(実費精算)。

成果物イメージ

  • QPSDサービスにおける成果物イメージです。

001018_3.jpg